ようこそ!「分析!浮気調査」では、浮気調査の分析サイトです。浮気調査の依頼の気になる情報を分析、公開していきます。
まずは浮気調査の価格のざっくりとした算出方法について紹介します。

調査員1人当たりの時間単価×人数(通常2人以上)×調査時間+調査の基本料金+場合によって経費や成功報酬(10〜50万円)

と言われています。
調査員1人当たり、費用は7000円〜1万7000円前後が時間単価としての平均的な価格相場で、上の式にそのことをあてはめて計算すると、下方単価と上方単価では計算すると大きな差が出るだけでなく、どちらにしても想像していた以上に高額な金額がでてきているはずです。浮気調査の依頼は衝動的に契約を結ぶのではなく、ここは一度冷静になって依頼先を選び、契約することを「損をした。」「失敗した。」と後で後悔しないためにもお勧めします。
また金額以外にも、浮気調査を考える場合、知っておきたい箇所があります。浮気調査の分析サイトでは、浮気調査に関連する様々な事柄をわかりやすく紹介しています。

損をする浮気調査、得をする浮気調査

高くても、確実に望み通りの調査結果を出してくれるところがいい。同じ浮気調査なら、安い方がいいに決まってる。
浮気調査の依頼先選びで費用からの先入観や勝手な解釈は、後々後悔する元になりそうです。

高い費用の設定は、高品質高価格だからとは限りません。「トラブルを起こしかねない業者(悪徳業者)かもしれない。」と考えた方がよさそうです。また先ほど使った算出方法に当てはまらないような激安な費用を提示しているところであれば、表示されていない何かが後加算されるかもしれませんし、調査実績がなく、実績をつけるための激安設定などというものも中にはあるようです。

浮気調査を依頼する時、重視すべきは調査力。平均的な価格設定で、調査力のあるリスクの押さえられた調査会社を選ぶことが最も得をする調査といえるでしょう。


撮影機材から見る興信所
調査に必ず必要な撮影機材を基準に、興信所を解析をしています。
知っておきたい探偵の使い方
探偵について知っておけば、もしもの時に役立ちます。探偵について解説しています。




浮気調査の料金を分析! All Rights Reserved.